どうして性病が流行るのか

性病はどうして流行るのかという疑問があります。

感染率が約30パーセントから40パーセント程度だとして、性行為をして、性病になるのは大体10回に多くて4回程度なものです。

また体調によっても感染率は変化するはずなのですが、どうしてもウィルスがこの世から死滅することはないのです。

性感染症とは、性的接触によって感染する病気と定義されます。 普通の性器の接触による性交だけではなくオーラルセックスやアナルセックスなど性的な接触で感染するすべてが含まれます。したがって特殊な状況での感染もありますが、通常の人としての営みの中で誰もが感染する病気であり、誰にでも生じ得る健康問題であるといえます。
性感染症は無症状であることも多く、自覚しないあるいは症状が軽く気が付かないということ、あるいは自覚症状があっても医療機関を受診しにくいことがあるなど、正しい治療に結びつかなかったり、感染がいつの間にか他の人へ広がってしまうという大きな問題点があります。

また生殖年齢にある女性が罹患した場合には、おなかの赤ちゃんや出生した新生児への感染など、母子感染として次世代にも影響が及ぶことがあるということも性感染症の重大な注意点です。
疑わしい行為のあと、疑わしい症状が出たらすぐに検査をおススメいたします。
検査はこちらのサイトがおススメです。

性病検査

性病はどうして無くならないのか

ウィルスに感染すると性病になるのですが、性病をまとめて大体を性感染症と言います。

昔からある性感染症は、人を介しないと生きられないのですから、いったん感染してしまった人を隔離して治療し切ってしまえばウィルスはなくなるのではないかと思うのですが。

これが理論上の計算になります。

 

実際のところ、もともとの性感染症のウィルスは目の病気から来ているものが多いのですが、それもどこから来たのかというのはちょっと私には分からない面があります。
ただこのウィルスも感染した人を隔離すればそれで済む話だと思うのですが、これは思いこみなのでしょうか。

 

性病にも流行があるみたい。
今はまたクラミジアとか、あとは梅毒などがまた流行の兆しらしいのですが、実際のところ、本当に流行しているのかどうかなんて分からないものです。
HIVだって本当に流行していたり、感染者がいるのかどうかも怪しいところだと思いませんか?

周りでHIVに感染したもともと健常者の方はどれくらいいるのでしょうか?

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !